MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課 > 交通防災課 > 避難情報の警戒レベルと非難行動について

避難情報の警戒レベルと非難行動について

避難情報の警戒レベルについて(PDF)

防災情報避難レベル周知(表)防災情報避難レベル周知(裏)

避難情報の種類と取るべき避難行動

自主避難

自らが自主的に避難することで、避難勧告や避難指示が発令されていない段階で避難することです。

避難準備・高齢者等避難開始

次に該当する方は、避難を開始して下さい。

なお、避難場所への避難が困難な場合は、近くの安全な場所に避難して下さい。
それ以外の方については、気象情報に注意し、危険だと思ったら早めに避難をしてください。

避難勧告

速やかに避難を開始して下さい。※風水害の場合で、外が危険な場合は、屋内の安全な場所へ避難して下さい。

避難指示(緊急)

緊急に避難して下さい。※風水害の場合で、外が危険な場合は、屋内の安全な場所へ避難して下さい。

避難行動判定フロー(PDF)

台風・豪雨時に備えて、ハザードマップと一緒に「避難行動判定フロー」を確認しましょう
「自らの命は自らが守る」意識を持ち、自宅の災害リスクととるべき行動を確認しましょう

避難行動判定フロー

災害時における新型コロナウイルス感染症流行に伴う避難について

大雨や台風による浸水・土砂災害編

大雨及び台風等の出水期を迎えるにあたり、新型コロナウイルス感染症拡大が収まりを見せないなか、内閣府より「避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について」の留意事項が通知されました。
このことを踏まえ南部町は下記のとおり避難所開設方針を決定されました

1次避難場所の設定

新型コロナウイルス感染症流行対策のための避難所開設について、避難所は換気の良い広いスペースを必要となるため、1次避難所
を以下の4箇所とします。なお、各避難所には役場職員が2名付きます。

代替となる避難地を考えておいてください

避難所が過密状態になることを防ぐため、出来る限り安全確保が可能な親戚や友人の家等への避難を検討してください。

体調のすぐれない方の避難

体調のすぐれない方(37.5℃以上の発熱や、咳・くしゃみなどの風邪の症状のある方)の避難場所を以下の施設とします。
特に治療中の病気のある方等については、平時よりかかりつけ医と避難について相談しておくことが重要です。

避難場所での感染防止対策と必要になるものの準備

マスクは必ず着用してください。無い場合は避難所で用意します。
また、避難する際には、水、食料、消毒液、体温計、ウェットティッシュ、タオル、常備薬、スリッパなどを、避難に差し支えのない分量で持参してください。

2次避難所の設定

2次避難所を福祉避難所として4箇所設置します。
福祉避難所は一般避難所では避難生活が困難な高齢者や障がい者、妊婦など、災害時に援護が必要な人たち(要支援者)に配慮した避難施設です。要援護者には、必ず介助者をつけてください

町民の皆さまへお願い


 

お問い合わせ先

南部町役場 交通防災課
〒409-2192 山梨県南巨摩郡南部町福士28505-2
TEL:0556-66-3417
FAX:0556-66-2190