MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課 > 子育て支援課 > 児童扶養手当の支給について

児童扶養手当の支給について

児童扶養手当の支給制度

児童扶養手当とは

児童扶養手当とは、父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童を養育している「ひとり親家庭」の自立を助け、児童の福祉増進を図ることを目的として支給される、児童のための手当です。

受給資格者

児童扶養手当は、18歳に達する日以降最初の3月31日までの児童、あるいは政令で定める程度の障がいを有する20歳未満の児童を養育している母子家庭・父子家庭等で、次の8つの条件のいずれかに当てはまる対象児童を監護している父または母、あるいは父や母に代わって養育している者に支給されます。
(注)ただし、特定の条件を満たす場合、支給されない可能性がございます。

対象児童

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父または母が死亡した児童
  3. 父または母が一定の障がい状態にある児童
  4. 父または母の生死が明らかでない児童
  5. 父または母が引き続き1年以上遺棄している児童
  6. 父または母が裁判所からのDV(ドメスティックバイオレンス)保護命令を受けた児童
  7. 父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
  8. 未婚の母の子

支給対象外となる条件

手当額

受給資格者の所得額等に応じて、支給額が変わります。
受給資格者および同居する扶養義務者の所得額等によっては、支給されない場合もございます。

扶養手当の額は次のとおりです。

児童1人の場合

児童2人目の加算額

児童3人目の加算額

 

(注)この手当額は、令和2年4月以降のものです。

手当の支払い月

手当は次のように年に6回、その前月までの2ヶ月分が支給されます。

・1月、2月分の手当:3月支払い

・3月、4月分の手当:5月支払い

・5月、6月分の手当:7月支払い

・7月、8月分の手当:9月支払い

・9月、10月分の手当:11月支払い

・11月、12月分の手当:翌年1月支払い

必要な各種手続きについて

認定請求

児童扶養手当は申請主義をとっているため、手当の支給を受けるためには、認定の請求をする必要があります。詳しくは、南部町役場子育て支援課までお問い合わせください。

現況届の提出

手当の支給を受けている方は、毎年7月下旬に送付される現況届を、8月1日~8月31日の間に提出する必要があります。
現況届は、児童扶養手当の受給資格に該当するか確認するとともに、8月から翌年7月分までの手当額を決定するためのものです。
この届出をしないと、当該年度の8月分からの手当の支給を受けられなくなるとともに、提出しないまま2年を経過すると、時効により手当の支給を受ける権利がなくなります。

各種届出

手当の支給を受けている方は、認定の請求をしたとき、および状況が変わったとき、届出をする必要があります。

届出が必要な状況変化の例

お問い合わせ先

南部町役場 子育て支援課
〒409-2398 山梨県南巨摩郡南部町内船4473-1
TEL:0556-64-4830
FAX:0556-64-3116