MENU

閉じる

閉じる


トップ > 公共施設 > 社会教育施設 > 近藤浩一路記念南部町立美術館

近藤浩一路記念南部町立美術館

宮西達也原画展 【ゲヘヘナンダァーランド展】開催のお知らせ

絵本作家 宮西達也氏が南部町にやってくる…だけじゃない!

なんと宮西達也さんに南部町立図書館の名誉館長に就任していただくことになりました!

企画展は下記のとおり、名誉館長委嘱式も執り行います。皆さん、是非ご来場くださいっ!

 

開催期間 : 令和5年 2月4日(土) ~ 3月12日(日)

イベント情報 2月4日(土) 午前10時~ 南部町立図書館名誉館長委嘱式

             午後1時30分~ お話し会

       2月18日(土) 午前10時30分~ ライブペイント

               午後 2時~ ワークショップ 段ボールアート(要申込)

美術館のご紹介

近藤浩一路記念南部町立美術館は、南部町出身で現代水墨の創始者ともいえる、近藤浩一路画伯の作品が常設展示さています。
作品は季節ごとに展示替されます。
その他、新美術協会理事長小宮山俊画伯(1918年から2007年)、一創会々員の望月和吉画伯の作品が所蔵されています。

近藤浩一路の画像 

    近藤浩一路画伯

美術館の館内画像美術館の館内画像美術館の館内画像

近藤喜則史料展示室

美術館内には、近藤浩一路の祖父にあたる近藤喜則(よしのり=通称きそく)の史料展示室があります。

近藤喜則史資料展示室のページ

     

感染症防止対策にご協力ください

次のお客様についてはご来館をご遠慮いただきます

館内でのお願い

 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

企画展のお知らせ

 【没後60年 近藤浩一路の世界 ―油彩画から水墨画へ―】

南部町出身の水墨画家 近藤浩一路の没後60年の特別展を開催いたします。

近藤浩一路は光の水墨画として名を馳せました。その光と影の描写は現在の日本画にも影響を与えたとされています。

今回の展示では東京漫画会時代の絵や油彩画とともに、師和田栄作の作品も一緒にご紹介しております。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

利用案内

利用時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日、祝日の翌日、月末(土曜日と日曜日を除く)、年末年始、特別調整期間
(臨時休館となる場合もございます。詳しくはアルカディア文化館までご連絡ください。)

美術観覧料

個人の美術観覧料

団体(20人以上)の美術観覧料

(注)大人料金は中学生以上です。

特別観覧料

(注1)びょうぶは1隻を1点
(注2)1そろいをなす巻子は1巻を1点
(注3)対幅は1幅を1点
(注4)その他の美術品は各個を1点

美術館展示室使用料

(注)この使用料は、特定の部屋での使用料です。

近藤浩一路作品集「改訂版」について

平成9年に発行しました「近藤浩一路作品集」が改訂版として編集されました。
所蔵作品や他館の作品など21点が新たに加えられています。来場の折、ぜひご覧ください。

お問い合わせ先

近藤浩一路記念南部町立美術館
(アルカディア南部総合公園文化館2階)
〒409-2213 山梨県南巨摩郡南部町大和360
TEL:0556-62-9292
FAX: 0556-62-9293