MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課 > 新型コロナウィルス対策 > news > 小児(5~11歳)新型コロナウイルスワクチンについて

小児(5~11歳)新型コロナウイルスワクチンについて

接種は強制ではありません

接種が受けられる時期

令和4年4月から開始する予定です

接種の対象

新型コロナワクチンの小児接種の対象は5~11歳の方です。
※慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方の接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等とよく相談してください。

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

【ワクチン】ファイザー社の小児用ワクチン

【対象年齢】5~11歳(接種する日の年齢です)
・小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します
・1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します

【接種回数】2回

【接種間隔】1回目と2回目の間を、通常3週間の間隔をあけて、合計2回接種します

他のワクチンとの接種間隔

接種を受ける際の費用

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

その他

新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医等にご相談ください。

同時または前後2週間は、原則、他のワクチンを受けることはできませんまた、お子様に基礎疾患があるときなどワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医等によくご相談ください。

【厚生労働省ホームページ】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_for_children.html

【厚生労働省新型コロナワクチンQ&A】https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/child/

【山梨県小児(5-11歳)コロナワクチンリーフレット】PDFファイル(画像をクリックしてください)

山梨県 小児用ワクチンチラシ

【関連項目】『新型コロナワクチン接種について

Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

南部町コロナワクチン予約相談専用ダイヤル
TEL:0556-64-8166

南部町役場 福祉保健課
〒409-2398 山梨県南巨摩郡南部町内船4473番地1
TEL:0556-64-4836
FAX:0556-64-3116