○南部町活性化センター管理規則

平成15年3月1日

規則第72号

(趣旨)

第1条 この規則は、南部町活性化センター条例(平成15年南部町条例第131号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(運営委員会)

第2条 南部町活性化センター(以下「活性化センター」という。)の効率的利用とその運営を円滑に行うため、活性化センターに運営委員会を設置する。

2 運営委員会の委員の定数は、20人以内とし、町長が委嘱する。

3 委員の任期は、2年とする。ただし、再任は、妨げない。

4 補欠委員の任期は、前項の規定にかかわらず前任者の残任期間とする。

(利用許可の申請)

第3条 活性化センターの利用許可を受けようとする者は、活性化センター利用許可申請書(別記様式)を、利用期日の3日前までに町長に提出し、その利用許可を受けなければならない。

(利用の取消し及び変更)

第4条 申請者は、利用の申請を取下げ又は申請の内容を変更する場合は、利用期日の前日までに町長に申出て、許可を受けなければならない。

(利用時間)

第5条 活性化センターの利用時間は、原則として午前9時から午後10時までとする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、利用時間を変更することができる。

(休館日)

第6条 活性化センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が必要と認める日

2 前項の規定にかかわらず、町長は、特に必要があると認めるときは、休館日を変更することができる。

(利用者の遵守事項)

第7条 利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 許可を受けた部屋及び備品以外は利用しないこと。

(2) 許可を受けた利用目的以外に利用しないこと。

(3) 利用の権限を譲り渡し、若しくは転貸しないこと。

(4) 施設及び備品等を汚染し、又は破損しないこと。

(5) 喫煙又は火気の使用は所定の場所で行い、使用後の安全を確認すること。

(6) 施設内に爆発物、可燃物、鉄砲、刀剣類等の危険物を持ち込まないこと。

(7) 前各号に定めるもののほか、活性化センターの秩序の維持に努めること。

2 利用者は、利用を終わったとき、又は利用を停止されたとき、若しくは利用の許可を取消されたときは、直ちに利用場所を原状に復して返還しなければならない。

3 利用者は、前項の規定により返還するときは、備付けの利用日誌に必要事項を記入し、利用の状況を報告しなければならない。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の富沢町活性化センターの管理に関する規則(平成13年富沢町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

南部町活性化センター管理規則

平成15年3月1日 規則第72号

(平成15年3月1日施行)