○南部町立学校職員の勤務時間に関する規程

平成15年3月1日

教育委員会訓令第5号

(趣旨)

第1条 南部町立の学校に勤務する職員(以下「職員」という。)の週休日及び勤務時間については、条例、規則その他別に定めのあるもののほか、この訓令の定めるところによる。

(週休日及び勤務時間)

第2条 職員の週休日は、日曜日及び土曜日とし、勤務時間は、月曜日から金曜日までの5日間において、1日につき7時間45分となるように、校長がその割振りを行うものとする。

(前条の規定によることが困難な職員の週休日等の特例)

第3条 週休日又は勤務時間の割振りについて前条の規定によることが困難な職員については、週休日及び勤務時間の割振りを定める期間(以下「割振り単位期間」という。)を4週間とし、かつ、当該割振り単位期間ごとに週休日を8日設ける場合に限り、校長が週休日及び勤務時間の割振りについて別に定めることができる。ただし、この場合においても、勤務日が引き続き12日を超えないようにし、かつ、1回の勤務に割り振られる勤務時間が16時間を超えないようにしなければならない。

(その他の特別の形態によって勤務する必要のある職員の週休日等)

第4条 前2条の規定による週休日又は勤務時間の割振りとすることが困難な職員については、週休日が毎4週間につき4日以上となるようにするとともに、1週間当たりの勤務時間が毎4週間について40時間となるようにする場合に限り、教育委員会の承認を得て、52週間を超えない範囲内で定める期間ごとに、校長が週休日及び勤務時間の割振りについて別に定めることができる。ただし、この場合においても、勤務日が引き続き12日を超えないようにし、かつ、1回の勤務に割り振られる勤務時間が16時間を超えないようにしなければならない。

(週休日の振替及び半日勤務時間の割振り変更)

第5条 山梨県学校職員の勤務時間等に関する条例(昭和29年山梨県条例第27号)第6条に規定する週休日の振替及び半日勤務時間の割振り変更については、校長がこれを行うものとする。

2 前項の規定により週休日の振替又は半日勤務時間の割振り変更(以下「週休日の振替等」という。)を行った後においても、毎4週間につき週休日が4日以上となるようにし、かつ、勤務日等が引き続き24日を超えないようにしなければならない。

(週休日及び勤務時間の割振りの明示等)

第6条 職員の週休日及び勤務時間の割振りを定めた場合には、校長は、適当な方法により速やかにその内容を明示するものとする。

2 職員について前条の規定により週休日の振替等を行った場合には、校長は、職員に対して速やかにその内容を通知するものとする。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、この訓令の実施について必要な事項は、教育長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の南部町立学校職員の勤務時間に関する規程(平成4年南部町教育委員会規程第1号)又は富沢町立学校職員の勤務時間に関する規程(平成4年富沢町教育委員会規程第2号)の規定によりなされた週休日及び勤務時間の割振り等の手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年2月24日教委訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成27年4月1日から施行する。ただし、第4条の規定は、公布の日から施行する。

南部町立学校職員の勤務時間に関する規程

平成15年3月1日 教育委員会訓令第5号

(平成27年2月24日施行)