MENU

閉じる

閉じる


トップ > 観光 > 南部町の歴史 > 南部氏の郷 > 四条金吾の霊跡

四条金吾の霊跡

正住山内船寺

この寺は、日蓮上人の熱心な帰依者であった四条金吾頼基が、建治3年持仏堂を建立、その後弘安8年寺院となりました。
寛政・安政の火災のため焼失し、現在の建物はその後のものです。寺宝は頼基夫妻の木像のほか、日蓮木像、四天王像、半鐘薬のいわれのある小梵鐘などがあり、寺の裏には頼基夫妻の五輪の墓、境内には俳人大野林火の句碑があります。

内船寺の正面の様子

内船寺正面

四条金吾頼基夫婦の墓の様子

四条金吾頼基夫婦の墓

大野林火の句碑の様子

大野林火の句碑

お問い合わせ先

南部町役場 南部町教育委員会生涯学習課
〒409-2192 山梨県南巨摩郡南部町内船4473-1
TEL:0556-64-3111
(FAX:0556-64-3116)