MENU

閉じる

閉じる


トップ > 観光 > 南部町の歴史 > 南部氏の郷 > 南部城山烽火台

南部城山烽火台

烽火台跡地の様子

武田氏の軍法に飛脚篝火といわれる制度があり、特に山岳険阻な甲斐国内には、烽火台は重要な通信設備として発達していました。また、付近には衛士の屋敷や砦・望楼などが付随していました。
十島葛谷峠の国境警護と甲駿国境の白鳥山を起点とする狼煙は、約4キロメートルの見通しのきく距離をもって東西河内領を縫い、急を伝えました。

お問い合わせ先

南部町役場 南部町教育委員会生涯学習課
〒409-2192 山梨県南巨摩郡南部町内船4473-1
TEL:0556-64-3111
(FAX:0556-64-3116)