MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課 > 住民課 > 障害基礎年金・遺族基礎年金

障害基礎年金・遺族基礎年金

障害基礎年金

障害基礎年金は、病気やけがで障がい者になったときに受けることのできる年金です。

年金を受けられる人

  1. 国民年金の被保険者期間中に初診日のある病気やけがで障がい者になったとき。
  2. 被保険者の資格を失ったあとでも、60歳以上65歳未満で、日本国内に住所がある人が障がい者になったとき。
    (注)ただし、支給の繰上げを受けている場合は障害基礎年金は支給されません。
  3. 20歳前に初診日があり、その後障がい者になったとき。

支給を受けるためには

  1. 初診日の前々月までに、保険料を納めた期間と免除期間と学生納付特例期間を合算した期間が
    加入期間の3分の2以上あること。
    (上記を満たさなくても平成28年4月1日前に初診日がある場合には、初診日に65歳未満で、
    初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければ保険料納付要件を満たすことになります。)
  2. 障がい認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日、または症状が固定した日)に1級、2級の障がいの状態にあること。

20歳前に障がい者になった人は、保険料が未納でも20歳になったときから受けられます。
ただし、本人の所得制限があります。

障害基礎年金の年金額

1級障がい 983,100円
2級障がい 786,500円

18歳に達する日の属する年度末までの間の子(障がい者は20歳未満)がいる場合は、次の額が加算されます。

子の数加算額

1人目・2人目 各226,300円
3人目 各 75,400円

ページの先頭へ

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、家の働き手に先立たれたときに受けることのできる年金です。

遺族基礎年金を受けられる人

死亡した方によって生計を維持されていた

  1. 子のある妻

子とは次の者に限ります。
18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子、
20歳未満で障害年金の障がい等級1級または2級の子。

支給を受けるためには

亡くなった方が国民年金の被保険者であり、

  1. 死亡日の前々月までに保険料を納めた期間と免除期間を合算した期間が加入期間の3分の2以上あること。
    なお死亡日が平成28年4月1日前のときは、死亡した方が65歳未満であれば、死亡月の含する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がないこと。
  2. 老齢基礎年金の資格期間(25年)を満たしていること。

遺族基礎年金の年金額 = 786,500円

子の加算
第1子・第2子 各226,300円
第3子以降 各75,400円

子のある妻が受け取る場合
子の数 基本の額 + 加算の額 = 加算後の年金額
1人 786,500円 + 226,300円 = 1,012,800円
2人 786,500円 + 452,600円 = 1,239,100円
3人 786,500円 + 528,000円 = 1,314,500円
子が受け取る場合
子の数 基本の額 + 加算の額 = 加算後の年金額
1人 786,500円 + 0円 = 786,500円
2人 786,500円 + 226,300円 = 1,012,800円
3人 786,500円 + 301,700円 = 1,088,200円

ページの先頭へ

お問い合わせ先

南部町役場 住民課 本庁
〒409-2192 山梨県南巨摩郡南部町福士28505-2
TEL:0556-66-3405

南部町役場 分庁舎 住民係
〒409-2398 山梨県南巨摩郡南部町内船4473-1
TEL:0556-64-4834